読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経理マンのためのIFRS情報局

IFRS導入プロジェクトに携わる公認会計士が、これまでの経験や新聞記事を基に情報発信

18. のれんの償却について

日本基準とIFRSとの差異でもっとも頻繁に話題にあがるのがのれんの償却だと思います。 先日も日経新聞紙上で上場企業ののれん総額が29兆円になったという報道もありました。また、一つの要因として、のれんの定期償却が求められないIFRS適用企業が増えたとい…

12. 減損損失に関する基準間の考え方の差異

「減損」と聞いて、どのようなイメージを抱くでしょうか? 日本企業の方は「投資の失敗」をイメージし、経営責任にも繋がりうる一大事と捉えるかもしれません。 一方、IFRSにおける金融資産以外の減損損失に関する基準であるIAS第36号では、そこまで大げさな…